井戸端アメリカン

英語、アメリカ、ディズニー、エンタメなどをご紹介

エンタメ

アメリカンダンスアイドル最新シーズン14には日本人2人がトップ10入り!

更新日:

こんにちは、イドです。

アメリカで息の長いダンスオーディション番組といえば、「SO YOU THINK YOU CAN DANCE」なのですが、今年もついにシーズン14が始まりました。

日本では、「アメリカンダンスアイドル」という名前で、シーズン11がダンス専門テレビ局の「ダンスチャンネル」で放送されています。

また、WOWOWでも、「アメリカンダンスバトル」として、ベッキーの妹ジェシカが登場したシーズン12を2016年に放映しました!

筆者は、シーズン1から見ているのですが、やはりアジア人がトップ10入りを果たすとどうしても応援したくなりますね。

今年は、日本人が2人いますので、詳しくご紹介します!

関連記事

ダンサーたちやコレオグラファーのその後が気になる方はこちらの記事もありますよ!

アメリカンダンスバトルのその後は?気になる日本人ダンサーたち!

ゾンビーズのダンスBMMMは振り付けに注目!エアトラックで魅せる

スポンサーリンク

Lex Ishimoto

プロフィールは?

ツイッターの写真の左にいる背の高い方です!

1998年3月10日生まれの19歳(2017年現在)

出生地:カリフォルニア州アーバイン

アメリカ生まれの日系アメリカ人

ダンス経歴は?

7歳で姉の影響もあり、バレエやヒップホップを習い始める。

12歳でブロードウェイミュージカル「Billy Eliot(日本タイトル:リトル・ダンサー」でビリー役を射止め、2012年まで大役を務める。

2017年現在は、日本でも「リトル・ダンサー」のミュージカルが公演されていますね!

これの全米ツアー初代にビリー役に選ばれたのが、石本レックスさんなわけですが、その当時も厳しいオーディションを受けたそうです。日本版の子供達も大変なオーディションを通って勝ち取ったようですね!

その後も、YAGP(ユース・アメリカ・グランプリ)The Los Angeles Music Center’s Spotlight Awardsで優勝する。

2017年には、シーズン12のステージキャプテンを務めたトラヴィスウォール(Travis Wall)の舞台作品「Shaping Sound:After the Curtain」で重要な役どころも務める

スポンサーリンク

日本語は話せる?

ツイッターやインスタには日本語で書かれているコメントもありますよ!

Lex Ishimotoさんのダンス

アメリカンダンスアイドルSo you think You can Danceの優勝後に出演した番組からの動画です!

すごい跳躍力だと思いませんか?しかもバレエダンサーかと思いきや、ブレイクダンスもできるし、エピソード1ではタップダンスも披露!

アメリカンダンスアイドルでは、自分の得意なジャンルだけではなく、種類の違うダンスも踊らなければいけないのですが、石本レックスさんには怖いものなしかもしれませんね!

スポンサーリンク

Koine Iwasaki

シーズン14のダンサーの集合写真です。前列の真ん中にいる方がKoineさんです!石本レックスさんも写っていますね。

プロフィール

19歳(2017年現在)

2歳の時、両親とともにアメリカへ移住

ダンスを始めたきっかけ

両親からの勧めで何か熱中できることを探していたところダンスに出会う。

英語を話さなくても、ダンスでなら自分の気持ちを表現できることに魅力を感じどんどんのめり込んでいく。

1週間毎日ダンスの練習をしていたことも。

コロンビア人シンガーのツアーにダンサーとして参加した経験を持つ。

Koine Iwasakiさんのダンス

他のダンサーに比べると身長が低く見えますが、彼女の踊るダンスはものすごく感情的で、パワフル。

オーディションでは、審査員からのスタンディングオベーションがありました。

動画は、So you think you can danceに参加する数年前のKoineさんです。ソロで魅せるKoineさんの表現豊かなダンスをどうぞ!

2人がどこまでいくのか、しっかり見届けたいと思います!




-エンタメ
-,

Copyright© 井戸端アメリカン , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.